【雑記】チェイス!チェイス!チェイス!

どうも、香取犬です
あれれ? こいつ「この夏はいっぱい書きたい」なんて言ったくせに更新が少ないぞ?
……自分の指が10本しかない以上、おいそれと執筆スピードを上げることなんてできないという現実を失念していました。ごめんなさい

ではでは、少々独り言にお付き合いください


ハイグレ小説には色んなパターンがあります
研究所のように為す術もなく集団洗脳されたり、アクション戦士のように選ばれし主人公が戦う力を得たり、パンスト兵が無慈悲に人間を洗脳して行ったり、オリジナルのビックリドッキリ洗脳をかましたり、スパイが人間社会を内側から崩していったり、ハイレグと出会って魅入ってしまったり、以下略
(もちろん明確な分類基準があるわけでも、統計を取ったわけでもありませんけどね)
みんな違ってみんな良いこれらのパターンですが、自分が特に好きなのはチェイス――非力な人間が、ハイグレの恐怖に怯えながら(あるいは希望をも抱きながら)駆け、しかし最後にはハイグレ人間になってしまう逃走劇です
要するに「変わりゆく若人たち」そのものですね、はい
 

チェイスに該当する場面は、原作映画にはありません
逃げる背中に光線が打ち込まれるシーンならひろしがそれですが、しかし当初(ネットで「ハイグレ教」と出会うより前)はひろしより誰より風間君にロールプレイングする方が多かった記憶があります。隣でネネちゃんがハイグレ化し、愕然としているうちに自分も同じ姿になってしまう、その感覚が好きでした。今も好きです。今は全部好きです
……そんな自分がチェイスを好むようになったのは、きっと「ハイグレ教」の小説欄のせいです

特に気に入っていた投稿者さんを一人だけ挙げるなら、MKD氏でしょうか
仲間がどんどん減っていく逃走劇、即ち自分の原点とも呼べるのは氏かなと思います(二次創作の多い氏の小説ですが、当時自分はほとんど元キャラを知りませんでした)

話を元に戻します
そんなチェイスではありますが、チェイスの醍醐味である絶望感を表現するには一手間を加えねばならないのです
それは「逃走の目的」「人間関係」「ハイグレへの嫌悪感」などなど挙げればキリがありません
そのどれでも構いません。必ず一つ以上、作者が構築しなければならないのです
そして物語を進めるとともに着実に積み上げていったものを一気に崩壊させる――この、全てが絶望に塗り替えられる瞬間こそが最高の愉悦であると、自分は思います(あくまで個人の感想です)

「~若人たち」では1年以上を掛けて作り上げた恵美香というキャラクターを、最後の最後に跡形もなくブッ壊しました。そこに至るまでに何十人もの犠牲を作ったのも、全ては最後に繋げるためでした(当然それらもとても楽しく書くことができましたが)。前にも書いた通り、あの作品は恵美香のハイグレ人間化で終幕を迎えることは初めから決まっていましたから

で、結局何が言いたいかというとですね
物語の始まりは、自分で書いてても退屈だな、という話です

言い訳しますけど、いち小説書きとしてはそれが嫌いなわけではないです
書き出しは、作品全体の印象を決めます。そして序章(あるいは第一章)で全体の方向性や雰囲気を読者に示し、人物や世界観を紹介する――物語の始まりは、作品の顔です。創作者が、それを嫌いになるはずがありません
極端な話、普通の小説なら物語は最初から最後までメインディッシュです。でも、ハイグレ小説のメインディッシュはハイグレ洗脳が始まってから。その上自分の好物は噛めば噛むほど味が出るスルメイカ――後になればなるほど壊しがいのあるチェイスなのです
かと言ってハイグレ小説も小説ですから、序章を蔑ろにしていい道理はありません。人物紹介も、メインディッシュの味を最大限に引き出す為に必要な過程ですし
……でもやっぱメンドい! でも楽しい!


――壮大な前振り、これにて終了!

拙作「帝後学園の春」と「転校生~」はどちらも現在中盤戦です。まあ正確には、前者は中巻の中ごろ、後者はようやく上巻が終わって中巻に入ろうというところですが
これらは、ようやっと序盤の世界観と人物感を構築し終え、メインディッシュタイムを迎えようとしていました
なのに。なのにですよ?
自分はまたしても新しい作品に取り掛かってしまいました。またしても序盤を書くことになってしまいました

現在、リクスレ>>15、犬太さんリクエストの短編を書いています。いや、書くつもりでした
リク内容が手短なため(それ自体は全然構いません。ちょっとした一言でいいのでリクしてくれたら嬉しいです)キャラの設定と物語のプロットを自分で組んだのですが、その時点で「これじゃあ短編(ここでは文量に関わらず1更新分の意)の枠に収まらん」という懸念が頭をよぎりました。そしてそれは現実になってしまいました
「ハイレグ」の単語こそ登場したものの、「ハイグレ」とはまだほぼ口にしていない今の段階で約1万4千字。もうちょっと書けば二人ほどハイグレの虜になるのですが、今日アップするにはキリが悪いです
ということで更新予告。本作をあさって24日の夜、書き上がったうちでキリの良い所までを当ブログで公開します。どうぞお楽しみに~
……あ、でも、レスを見れば分かる通り、今回は男の子も女の子も出ますのでご留意くださいね

そうだ、予告なら予告らしく、軽く内容の紹介もしましょうか

とある小学校の、とあるプールの授業の日。わたしたち3班の7人はプール掃除を賭けたクロールリレーに負けてしまいました。
そうして女子更衣室を掃除していたわたしは、ロッカーの中に不思議な忘れ物を見つけました。
仮面の絵の玉手箱。その中に入っていた水着と銃によってわたしの――ううん、わたしたちの運命は大きく変わっていくのです。
小学校_a全員集合_スク水
『小学生だってハイグレ人間だよ!(仮)』……Coming soon!

(背景・きまぐれアフター背景素材置場様よりお借りしました。人物・キャラクターなんとか機様を使用)



という感じで、今回は久々の一人称視点となります。いやー、やっぱ書いてて楽しいわー
先週の定時スレでスク水→ハイグレ洗脳ネタがありましたので(だからというわけではありませんが)、自分も遅れて便乗させていただきます
でも言い訳を並べた通り、初回は洗脳成分薄めになります。ご了承ください
ちなみに(一応の)主人公は黄土色っぽい髪の女の子です


……そしてこの雑記を書き上げて思うのです。この時間を作品執筆に充てれば良かったのに、って
ではでは、もう丸2日お待ちください。こちらも頑張って書きますので
関連記事
スポンサーサイト

tag : 雑記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

香取犬

Author:香取犬
ハイグレの洗脳を受けて早幾年
遂に自らハイグレ小説を書くようになってしまいました
いつでもネタ募集中です
酉◆RYenwqtp9Y

関連リンク
新興宗教ハイグレ教
 →ハイグレアイドル候補生!
ハイグレ小説王国
 →変わりゆく若人たち
 →帝後学園の春


*応援しています*
ハイグレ第参ホール by参式
悪堕ち・洗脳・ハイグレ 絵とSSのひととき by正太郎
ハイグレ帝国史 byソラ
ハイグレストーリー! byナッシー
ハイグレ小説を書きたいだけの人生だった……。 by0106
ハイグレSS秘密研究所 byぬ。
くもりのちはいぐれ byなまもの
ZweiBlätter by空乃彼方
ハイグレ創作喫茶 byボト


ブログ内作品INDEX
ブログ全記事リスト
ハイグレ郵便局 私書箱(掲示板)
 ネタ投稿はこちらをお使い下さい
ハイグレ郵便局 香取犬用金庫(アップローダー)

当ブログはリンクフリーです
相互リンクも受け付けております
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
累計利用者数
メールフォーム
検索フォーム