スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【4/1】しょうせつかいたよ!【4/1】

ねーみてみて!
ぼくね、はじめてしょうせつかいてみたの!
まだとちゅうなんだけど、がんばったからよんでよんで!




序章 ~会話~

 二人の男が、校舎内にて話し合う。
「――を――に対して――るのはいか――うか?」
「ほほう、それはいい。では明日の午前10時に計画開始だ――!」


一回目 ~水着~

①先生方。

「それでは、私はこれで。」
 小学一年三組の担任、木枯は、朝の会が終わった8時40分に、職員室に引き上げた。
 ろうかを歩きながら、木枯はにやりと笑った。
「おお木枯先生。」
「おはようございます、校長。」
「さあ、こっちへ。」
 校長にうながされ、木枯は校長室に入った。
「さて、そろそろ先生達が全員こちらへ来るだろう。君は『アレ』の準備を。」
「はい。では放送室に行ってます。」
「校長!どうしたんですか!?」
「おお、皆そろったか。では説明しよう。」
 ――これからするのは、『ハイグレ水着鬼ごっこ』というものじゃ――
「は、ハイグレぇ?なに言ってんすか?」
「まあ、そうなるじゃろうな。説明はこれからじゃ。」
 校長はこう説明した。
①この鬼ごっこは、ルールはふやし鬼と同義である。
②鬼は、ハイレグ水着を着、『ハイグレ洗脳銃』を持つ。
③逃げる者を鬼はその銃でうつ。うたれた者は、ハイグレに目覚め、他の者をハイグレ姿にしていく。
④時間は5時間。逃げきった者にはほうびを与える。
⑤目的は、生徒の身体能力を調べ、向上させること。
「ということじゃ。」
「そ、そんな事させられません!」
「ほう、反抗するか。ならば――!」
 と校長は、服を脱いだ。そこにあったのは、ピンクのハイレグに身を包んだ校長・タイシだった。
「な――!」
「さあ、先生方、まずはあなた方からだ――!」
 と、タイシは銃を乱射した。
 職員室は、奇みょうな姿と声に埋もれた――。

②開始〈AM8時50分〉

「――くそっ!古川先生が……!」
 神宮寺は舌打った。そして立ち上がり、叫んだ。
「皆、この学校は危険だ!すぐに逃げ――」
『皆さん!おはようございます!』
 その声は、そなえつけのテレビからした。
『これから、あるゲームのルールを説明します。』
「ねえ強?どうしたの?」
「古川先生から――通信が途絶えた。」
「え――それって――!」
「そう、何かしら、この学校に危険が迫っているんだ。」
 神宮寺はとなりの席に座る、上田幸江からそう話しかけられた。
 テレビは続く。
『そのゲームは……ハイグレ水着鬼ごっこ!』
 とたんに学校中がドン引き、あるいは笑い出す。
『ルールを説明しましょう――。』

Side・真崎春子(中2-2)〈AM8:55〉

 あたしは放送委員だ。今日の当番はこのあたし。大体、なんであたしが、こんなめんどーな事しなきゃいけないのよ!一時間目が始まるときに、放送室へ行ってチャイムの点検、だなんて、いやなのに……!
「優、もっと急いで!」
 あたしはとなりにいるクラスメートでおなじ放送委員の須田優子に声をかける。
「う、うん!」
 そうして放送室についたとき、中から、男の人の声がした。
 ノックだけして、あたしがそこに入ると、木枯先生がいた。
「『ふふ、やはり来ましたね、まってました。』」
 先生の前のマイクも、声を拾う。
 でもそのよこに、カメラがある――。
「『皆さん、よく見ていて下さい。この銃を――。』」
 皆さん、ということばに、あたしははっとした。そのカメラは、全校に映像を送っている!
 優は先生にきく。
「先生、なんのことですか?!」
「『あなた達は見世物です。さあ、喰らえ!』」
 先生はスーツの中からおもちゃの銃をとり出し、それをまず優子に向けた。
「え……なに……?」
 次の瞬間、その銃から赤い閃光が迸った!
「きゃあああぁぁあぁぁ!!」
 優子に命中したそれは、優子の体を包んだ。優子は大の字になる。
「優!」
「『ふふふ……!』」
 するとどうだろう。
 閃光が色を変え、青くなった。そしてそれがすぐに赤に戻ったとき――。
 優子に異変が起きた。一瞬のことだったけど、何だか優子が水着を着ていたような……。
 赤と青の点滅はつづく。そしてそれが晴れると、優子は制服を着ていない。かわりに着ているのは、黄緑一色の、腰まで切れ上がったハイレグの水着――。
「『皆さん、今のを見ましたか?この銃で撃たれると、このように男女問わずこの水着を着させられます。そして、このようになった人は、こうなります!』」
 先生がいい終った瞬間、優子は目を開き、自分の異変を見た。信じられない、という顔をしたあと、両腕を震わしながら足の付け根、ハイレグの線にくっつける。
 そしてなぜかガニ股となり――。
「ハ、ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!!」
 と叫び出した。同時に腕を足の線の延長に引き上げ、戻し、また繰り返した。あたかもそれは、ビートたけしのコマネチのよう。
「優?!優子!」
 あたしは優子に声をかける。だが優子は、こちらを向きさえしない。
「『今この子は、自分の中に入りこむハイグレ人間としての理性と戦っています。そしてそれに屈したとき――。』」
 優子は今までよりもずっと大きく、
「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」
 と叫んだ。手も大きく動いている。
「『この子はいま、その理性に負け、洗脳を受け入れました。これでハイグレ人間は誕生します。そしてそうなったハイグレ人間は、他の未転向者を襲い、仲間にしようとします。』」
 優子がハイグレポーズをやめ、こちらを向いた。手にはすでに、先生と同じ銃――!
「ねえ、春子ちゃん……?春子ちゃんも、ハイグレ人間になろうよ?楽しいし、気持ちいいよ?」
 優子はあたしに、その銃を向ける。
(あたしはいや。あんな切れ上がった水着をして、コマネチなんかできない!)
 そんな心を知らずに、非情にも優子は引き金を引いた。
「いやああぁぁぁーーーーっ!!」
 あたしは赤い閃光に当たった。途端に(ハイグレ)という言葉が脳内をかけめぐる!
 赤と青の視界で、優子がまたハイグレポーズをとっている。
 あたしは……そんなの受け入れない!
 でも、その頭で分かっているが、体はそうはいかなかった。
 ついた光が治った。身体の異和感に、下を見ると、私はとてもしめつけの強い赤いハイレグを着ていた。
「な……に……これ……っ!」
「それはハイグレ。春子ちゃんのこれからの姿――。」
 優子がそう言う。でもあたしはこんなのすぐぬいでやる!
 でも、足がガニ股になる。手を足のつけねにそえる。自分の意志ではないのに。そして――。
「ハイグレッ、ハイグレッ、ハイグレッ!」
 あたしはさっきまで優子のやっていたポーズをとる。口もかってに動いて「ハイグレ」と言う。
(恥かしいっ!!)
 でも、体はもう言う事を聞かない。
〈早くハイグレ人間になることを受け入れなさい……!〉
 ふいにそんな声がきこえた気がした。
〈ハイグレ人間になれば、この苦しみから開放される。気持ちよくなるのよ……?〉
(いや、あたしは……!)
「ハイグレッ!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!!」
〈さあ……ハイグレに身をゆだねて――!〉
(もういや!苦しまないでいられるなら、あたしはハイグレ人間になる!)
 そうして私はハイグレ人間を受け入れた。ユウコと同じ、ハイグレ人間・ハルコとなった。
「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」
「ふふ、ハルコもやっとハイグレ人間ね。ハイグレッ!ハイグレッ!」
「『どうですか!このすばらしい銃、すばらしいハイグレ!ということで、放送を終了させていただきます。最後に、このゲームは、AM10時開始です。AM10:05になるまで、教室から出てはいけません。5分間教室で待機です。その間に、学校中のいずれか2クラスに、この子たちが向かい、鬼にします。それでは、GOOD LUCK!』」
 木枯先生は、通信を切った。そしてあたしたちに、あるクラスを耳打って、部屋から出た。
 あたしは、ハイグレをして、先生を見送った。

Side・山田翔(小6-4)〈AM9:55〉

「チェッ!」
 ゲームと聞いてテレビをずっと見ていたが、くだらない。
 ハイグレなんてまっぴらだっとの。
 でも……少し興味があるな……。

Side・上田幸江(高3-1)〈AM9:55〉

「ど、どうしよう強、始まっちゃうよ!」
 私は強にそう言った。だけど、
「もうだめだ、どうにもならん。」
「そんな……。」
 5時間もあったら、みんなやられちゃうよ……。

 そして、AM10時。
 チャイムが鳴った。

Side・矢口悠太(幼1-3)〈AM10〉

「始まっちゃった……。」
 僕はそうつぶやいた。教室中は今、ハイグレのマネをする子がたくさんいる。浅内絵美ちゃんが、最初にやり始めたんだ。
「んもう。みんなやめようよ。はずかしいよ……。」
 宮城楓ちゃんがそう言うけど、誰もきかない。ハイグレコールは、ろうかにもひびく。 
 すると、扉が開いた。そこにいたのは、黄緑のハイグレの中学生のお姉ちゃん。
「みんな、そんなにハイグレしたい?」
「うん!」「したい!」「オレにも撃ってぇ!」
 ほとんどの皆がそういう。そうじゃなく、隅に逃げるのは、僕と楓ちゃんだけ。
「じゃ、みんな、いくよ? えい、えい、えい!」
「きゃあああっ!ハイグレッ!ハイグレッ!」
「うわあっっ!ハイグレッ!ハイグレッ!」
「やぁぁあんっ!ハイグレッ、ハイグレッ」
 教室には、色とりどりのハイグレと、友達の声がする。そうして、希望者全員が、ハイグレ姿になってしまった。
「「「「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」」」」
「さて、残ったのはあなたたちだけね?」
「いや!わたしはいやよ!そんなのやだからうたないで!」
「そ、そうだ!僕もいやだ!」
 二人でお姉ちゃんを説得する。だけど、
「いや、ね。でもね、これに撃たれると、そんな事、思わなくなるよ?」
「でもいやなの!」楓ちゃんは泣き出してしまった。
「うーん。しょうがない。まずは君からだよ!?」
 お姉ちゃんは僕にそれを向け、うった!
「う、うわぁぁぁぁぁぁっ!!」
(ちくしょう……!こんなの着るのかよ……!)
「ハ、ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」
「悠くん……?悠くんまでハイグレに……!?」
 ごめん……。でも、もうだめだ。ぼくも……ハイグレ人間になるよ……!
「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレ!ほら、楓ちゃんもやろうよ!」
 僕は――ハイグレ人間ユウタは、楓ちゃんにハイグレをすすめる。
 ユウコお姉ちゃんが、いやがる楓ちゃんを、救ってあげた。
「きゃああっ!ハイグレ、ハイグレ、ハイグレェッ……!」
 幼1-3、ハイグレ人間化終了。

Side・ユウタ(矢口悠太)〈AM10:04〉

 ハイグレ人間になった皆と相談して、まずは隣のクラスをハイグレ化させることにした。
 僕とエミ(浅内江美)とカエデ(宮城楓)とケント(桜井賢人)で、1-4を、他のみんなで、他のこのフロアを全て、となった。みんなの手にはハイグレ銃がある。
「よし、いくぞ!」
「「「ハイグレッ!」」」
 ガラ、と扉を開けると、1-4のみんなが驚いた顔でこっちをみる。そこでカエデが説明。
「みんな聞いて?わたしたちは、神聖なハイグレ人間です。そんな服はぬいで、早くハイグレ姿になってね?」
「やるぞ!」
 パシュッ!バシュッ!
「うわぁぁっ!ハイグレッ!ハイグレッ!」
「みんな、早く逃げ――あああっ!ハイグレッハイグレッ!」
「ハイグレッハイグレッ!」
「しっかりして!京ちゃ――きゃああ!ハイグレッ!ハイグレッ!」
「ヤ、ヤだよおっ!うわあああっっっ!!ハイグレッ!ハイグレッハイグレッハイグレ!」
 ものの数十秒で、ほとんどの人達が、転向完了した。すでに何人かは洗脳もおわった。
 最後に残ったのは内気で有名な田辺満。
「満、きみもハイグレしよう!?」
「え、わぁぁ。」
 満は避けるそぶりもないままにハイグレを着た。ピンクは男にはめずらしい。
「ハイグレ。ハイグレ。ハイグレ。」
 ミツルははずかしそうにひかえめにハイグレする。でも僕はそれを許さない。ミツルの後ろに回って、手をもってハイグレさせた。
「こうやるんだ!――ハイグレッハイグレッ!」
「ヒャッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」
 そしてミツルも、ハイグレのトリコとなり、ハイグレを繰り返した。
 幼1-4、ハイグレ人間化終了。


――――

ごめんね、ここまでしかかけてないんだ……
でもどうだった? おもしろかったらいってね!

(※この記事は2018年4月1日に公開されたものです)


(ここからは2018年4月2日に公開されたものです)

久々の目次
上の黒歴史について
初心者(ハイグレ)小説書きにありがちなこと7選
前回のアンケートについて

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

香取犬

Author:香取犬
ハイグレの洗脳を受けて早幾年
遂に自らハイグレ小説を書くようになってしまいました
いつでもネタ募集中です
酉◆RYenwqtp9Y

関連リンク
新興宗教ハイグレ教
 →ハイグレアイドル候補生!
ハイグレ小説王国
 →変わりゆく若人たち
 →帝後学園の春


*応援しています*
ハイグレ第参ホール by参式
悪堕ち・洗脳・ハイグレ 絵とSSのひととき by正太郎
ハイグレ帝国史 byソラ
ハイグレストーリー! byナッシー
ハイグレ小説を書きたいだけの人生だった……。 by0106
ハイグレSS秘密研究所 byぬ。
くもりのちはいぐれ byなまもの
ZweiBlätter by空乃彼方
ハイグレ創作喫茶 byボト
ハイグレIS学園着衣科 byハイグレ代表候補生


ブログ内作品INDEX
ブログ全記事リスト
ハイグレ郵便局 私書箱(掲示板)
 ネタ投稿はこちらをお使い下さい
ハイグレ郵便局 香取犬用金庫(アップローダー)

当ブログはリンクフリーです
相互リンクも受け付けております
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
累計利用者数
メールフォーム
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。